メークアップの備忘録

お肌についてシミで悩まされている方は多いです。

お肌についてシミで悩まされている方は多いです。多くのシミの原因は、日焼け等、肌への刺激によって、赤みを帯びた箇所が変色してしまい、色素沈着(細胞に色素が貯留することで、色が変わってしまうことをいいます)してしまった結果です。
日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡も意外かもしれませんが、シミの原因になるんです。


UV対策をこまめに行ったり、いつもより肌と向き合いながらスキンケアするだけでも、シミ対策に繋がります。


また、体の中からのシミ対策として、食事とかサプリでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。
一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の代謝を活発にすると考えられています。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。
体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなるのです。



老廃物が排出されないため、くすみが目立つ原因となるのです。



また、肌の奥から乾燥して、顔全体にシワが増えて目立つ結果になるので、特に女性は水分不足に注意してください。肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩む人が多いトラブルは、やはりニキビと言えると思います。一概にニキビといっても、何個かの種類があって、その原因も様々違っています。しっかりとニキビを引き起こす原因を知り正しく治療してもらうことがきれいな肌を造る初めの一歩なのです。ダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)を試してみると、なんと3キロもの減量ができました。

少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡をよく見てみると、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。


ファスティングダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)としわの増加がなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、タイミングを考えると何かあり沿うにも思えますので、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行ないつつ、情報を集めてみるつもりでいます。


肌に皺ができる原因のひとつとして最も影響力が大きいのは乾燥でしょう。
うるおいが不足してくると細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなるのです。
まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥によってシワのもとになるくすみが出やすく、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。加齢で皮膚が薄くなり、コラーゲンやヒアルロン酸等の絶対量も減るため、フェイスラインのくずれなども出やすくなるので、専用の対策品を使ったケアが必要になってきます。



美顔器(ピンキリではありますが、高いものも多いので、実際に試してみないと、購入を躊躇してしまうかもしれません)の種類には、超音波美顔器(ピンキリではありますが、高いものも多いので、実際に試してみないと、購入を躊躇してしまうかもしれません)やイオン導入器、美顔ローラーのようなものもありますが、その中でも超音波美顔器(ピンキリではありますが、高いものも多いので、実際に試してみないと、購入を躊躇してしまうかもしれません)やイオン導入器を選ぶとたいへん効果的です。



スキンケアのために使用する化粧品は、肌のハリや弾力をアップ指せる成分配合のものを選んだ方がいいでしょう。
具体的な成分は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合されているものがたいへんいいです。お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それでも思わず、力まかせにごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行なうのが大切です。とにかく、力を入れすぎないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、と、まあ、それができれば理想的なのですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。あのファンケルの無添加スキンケアというのは、コアなファンが多いファンケルのスキンケアのためのシリーズです。



無添加化粧品の中で圧倒的な人気と知名度をもつ企業ですね。こんなに大勢の方に幅広く長期間愛用されているということは、それだけ高品質の商品だと言う以外には考えられません。

敏感肌対策のお手入れを行なう際には、お肌が乾燥しないように、十分な保水が望まれます。保湿するためには多彩な方法があります。
保湿にいい化粧水やクリーム等が多く揃っていますし、化粧品にも保湿効果の大きいものがあります。



人気の保湿効果が高いセラミドが使われているスキンケア商品を使うのも良いでしょう。肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、懸命に解毒をしているのです。肝臓での解毒が十分でないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となるのです。過剰なストレスを肝臓に与えないことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくために欠かせない要素です。

ファンケルの無添加スキンケアというア

ファンケルの無添加スキンケアというアイテムは、かのファンケルのお肌のケアを考えたシリーズです。


無添加化粧品として圧倒的な人気と知名度をもつブランドですね。これほど沢山の人に幅広く長期間愛用されているということは、それだけ高品質の商品だと言う以外にはないと言えます。みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、ぜひ食べて欲しいでしょう。ただ、食べ方には注意しましょう。紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、むしろシミが広がることもあるそうです。美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。
お肌の手入れには保湿がもっとも大切です。入浴をすると水分が肌からどんどん抜け落ちていきます。



そういった乾燥を防止するために、化粧水と乳液のケアをした後に保湿クリームでのケアをオススメしております。

夜保湿クリームを使うと朝まで潤った肌がつづき、メイクの乗りもすごく良くなります。

肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓は休向ことなく、ご飯や呼吸によって体内に取り込まれた多彩な物質を代謝・分解し、解毒する働きをしています。


肝臓での解毒が十分でないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。肌の調子を乱していくのです。


肝臓に負担をかけないようにしていくことが、血液をキレイにし、お肌を健康にしていくキーポイントなのです。



客観的に肌の状態を判断するには、表面にある三角形の模様が役立ちます。

なめらかな肌やハリのある肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、表皮が荒れて薄くなってくると、模様が遠目にわかるほど大聞かったり、不規則に伸びているはずです。



肌の一番外側にある表皮の保護機能が損なわれているので、皮膚の深い部分にまでダメージが及びます。真皮のリフトアップ能力が低下した状態が「ゆるみ」となり、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。


そうなる前のケアが大事でしょう。外見で最も気にしている部分は顔だという方が大多数でしょう。
顔のケアと言えばまずは洗顔が基本です。顔に付いた汚れや多すぎる皮脂を洗い流す所からスタートするからです。
洗顔では石鹸、クリームの泡立ての方法が鍵になります。必ず泡立てネットで根気よくモコモコになるよう泡立てて泡で包んで洗顔します。


年齢に合わせてシミが増えてしまうと、焦ってしまいますよね。若者のピカピカの肌を見ると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。


若い肌を保つために今からでも努力を惜しまないようにして、シミを今以上に増やさないようにしたいです。



シミといえば、主な原因としてあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化を心がけます。
肌のエイジングケアの大敵である乾燥。
真夏のエアコンや冬の外気は持ちろん、季節の変わり目にはことさら注意しなければなりません。目の周りは持と持と代謝が低いので要注意です。
乾燥ジワが出やすいですし、体質によっては、ひどいかゆみや目尻のただれを我慢している人もいます。
乾燥防止の目薬を使っている人もいるでしょうが、肌にも潤いを与えてあげて頂戴。

目のまわりのお手入れには、オイルで脂質を補うようにすると、水と脂の相乗効果で潤いを維持可能です。
天然オイルにも鉱物系・植物系、精製・未精製といった種類がありますから、ベタつきや使用感を考慮して、ピッタリのものを選ぶのがコツです。


昔っから花粉症に悩まされているのですが、スギ花粉の季節がやってくると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。ですので、その季節にメイクをするとより悪化するので、ナチュラルなメイクだけを行っています。アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、敏感な肌になっているため、目の周囲が余計に痒くなり、絶対にできないのです。カビが生えやすい季節と言えば、やはり梅雨ですが、蒸し暑い季節になると、私達の肌にいる常在菌も増えやすくなってしまうのです。マラセチア菌と呼ばれる真菌に起因すると言われる皮膚に見られる病気で「でん風」と呼ばれるものは、体の部位を選ばず発症します。



でん風は、茶色くて、一瞬、シミかな?と思うものや、真っ白い、色素落ちのような症状を起こすものもあります。


これってシミではないかも?と思ったら、皮膚科へ行き、医師に相談するといいですよ。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルー

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。


乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を創ります。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役目を担っています。
そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助けるはたらきがあるのですよ。



このようなはたらきがシミ・くすみ対策と美白に効果を狙えます。ヨーグルトはシミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。


紫外線やターンオーバーの不調が、お肌のくすみを引き起こすといったデータもあります。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイル(精油をキャリアオイルやアルコールといったもので薄めて、香りを楽しむのに使います)があるようです。中でも、肌の生まれ変わりに深い関係のある新陳代謝を高めてくれるネロリ、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、くすみを解決するのに有効でしょう。マッサージに利用するもよし、何滴かをスチームの中にまぜて使用してみるのも手です。近頃になって、オールインワン化粧品が十分に定着しましたね。


その中でもエイジングケア関連のオールインワン化粧品には、努力をしているようです。配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)、セラミドなどといわれる保湿、保水に影響あるものが多く見られますが、アスタキサンチンが注目の的になっていることもあり、赤く染まったエイジングケア化粧品が増え続けています。自分は普段、美白に注意しているので、時期を問わず1年中、美白タイプのベース化粧品を使用しています。



これは活用しているのと不使用とではまるっきり違うと思います。


美白タイプのものを活用しだしてからはシミやくすみが言うほどに違和感がなくなりました。

完璧な化粧も悪くないが最終的に大切なのは肌がそもそも持っている美し指沿う感じます。

いっつものように丹念に肌を気遣い美肌の可能性を最大限にまで引き出し、いつの日かすっぴんでも人前で物怖じしない自信を持つことを望みます。

30代から40代の女の方が悩むお肌のトラブルのひとつに、「肝斑」があげられます。


両目の下の若干頬に寄ったところに好発する、まるでクマのようなシミのことです。肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、沿ういった関係性はない沿うです。



トラネキサム酸の使用によって肝斑を治療できるというのが現在の医療の考え方で、CMをご覧になった方もいるかも知れませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として開発、発売されているのです。
一般的なシミ改善方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)として多彩な方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるかと思いますが、肝斑に対しては有効ではありません。シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはパックではないでしょうか。1日のおわりのパックの時間は安らぎの時間ですね。

実は、自分で簡単につくれるパックもありますのでご紹介します。

市販されているごく普通のプレーンヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにして肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。

ヨーグルトの成分が美白や保湿の効果を肌に与え、冷たさで毛穴も引き締めてくれますしシワ予防にも効果が期待でき沿うです。顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるなら消せるものなら消したいものです。



シワの原因は色々ありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線も大きく影響しています。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子や日傘などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく1年を通して対策を施し、それでも日焼けをしてしまったのなら日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。


こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

肌は肝臓の窓だと言えます。
肝臓の役割として、ご飯や呼吸によって体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を無害にしているのです。


肝臓での解毒が十分でないと、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、肌の調子を乱していくのです。
過剰なストレスを肝臓に与えないことが、お肌の健康美を高める重要なポイントです。



肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだと言う事は重々承知の上なのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大切です。なんにせよ、強い力は不要であることを念頭において、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

メニュー

Copyright (c) 2014 メークアップの備忘録 All rights reserved.