メークアップの備忘録

  • TOP PAGE
  • お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線が

お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線が

お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線が大聴く関係してできてしまうこともありますが、多彩な病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が原因の一つとして考えられるのです。もし、突発的に日増しにシミが目たつようになってきたとすれば、疾患が起こる前触れであったり、すでに疾患が進行している確率が高いため、至急、クリニックで現状を伝えてちょうだい。


しごと柄、同業の人立ちとスキンケアの話をしていて思い当たったことがあります。肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうが後々シワができにくいのです。若い頃は差を感じませんが、加齢と供にはっきり出てくるので今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も夏に炭酸水洗顔をはじめて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、やわらかさを実感したのと同時期にシワがなく明るい肌色になって驚きました。みなさんとスキンケアの話をしたときも、肌の柔軟性とシワの関係って「あるある」と盛り上がりました。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、しごとに追いまわされる毎日ですが、ある時、何と無く鏡を見て、さらにじっくり見て悲鳴を上げそうになりました。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労をそのまま表しているように思えました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。



どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。
ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。辛うじてでも若々しくいたいと思うのは女の人ならある程度共感して頂けることだと思います。

実際の年齢より若く、とまでは言いませんが、予想どおりエイジングケアは注意していたいものです。昔からよく使われてきた馬油は保湿・殺菌力が強力で、血行を増進する効果もあり、シミ、シワを消す効能があるのではないかといわれているのです。



近年では、オールインワン化粧品がしっかりと定着しましたね。


その中でもエイジングケアと称したオールインワン化粧品には、努力をしているようです。配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどといわれる肌の保湿に関連深いものがたくさんありますが、アスタキサンチンが話題になっていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品が人気になってきています。話によると、いったんできてしまったお肌のシミは、消すことはとても難しい事だと多くの方が思っているようですが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではないんです。



目たつシミは美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)クリニックでレーザーを使う事でたやすく消すことが可能です。

ただ、費用が必要になりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、シミのことで気持ちが落ち込んでしまうようならばクリニックで専門医からの治療を受けた方が良いかもしれません。



潤いのある肌は保湿が十分できていて、シミもできにくい肌になります。

しっかり潤っているお肌は水分と油分がバランス良く保持されていて、きめ細かい肌になっています。潤いと整ったきめがバリア機能を高め、肌の奥まで紫外線が届きにくくなって、シミ予防の効果もあるのです。
シミを防ぐためにも、肌の乾燥には気をつけなければなりません。

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。原因はよくわかっていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。


子どもが生まれ、少し大聴くなって親子そろって毎日、オキニイリの公園に行ってました。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。
よっぽどはやおきでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。
紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。あなたが、ほうれい線を消したい場合は、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品を使用してみましょう。

ビタミンC誘導体には、お肌の細胞をより活発化させる働きが見られるとされ、コラーゲン繊維を増幅することでよく知られております。
それといっしょに、美顔ローラーでコロコロお肌をお手入れすると、よりいっそう効果が期待できます。
キメ細かいきれいな肌を維持するには肌の水分を保つことがとても大事になります。



水分の足りない肌の方は毎日使う化粧水などは保湿を重視したタイプを選んでたっぷりと水分を与えてあげましょう。
丁寧に顔を洗ったら間隔をあけずに化粧水をつけて肌に水分を与えて、それが終わったら乳液やクリームで水分をキープしましょう。

関連記事

メニュー

Copyright (c) 2014 メークアップの備忘録 All rights reserved.